これは物語ではない / Disstory

“ずっと、役割も名前もない時間ならいいのにね。”

2011.04.01〜 「本編」web連載
首都郊外・T市のとある公園で起きたオカルト騒動、その正体はホームレスの透明人間だった。
成り行きで透明人間と邂逅した「僕」は成り行きで喋らぬ少女まで拾い、二人を居候として家に迎える。
一方「少年」は事件解決の糸口である、その少女を探し続ける。
数々の行き違い、隠れた因縁、謎の先駆作、存在しない筈の海の気配、それぞれの秘密を抱えながら何でもない生活は続く。
……というのはただのイントロであり、これは物語ではない。

≫ mobile page / 小説家になろう / 作品相関図



多摩美文芸部OB会誌 より、『ミッドナイト・ヘッドライト』

“俺は眠っている人を見守るけれど、俺のことは誰が見ているのだろう”

2015.11.01 発行 / B6版220ページ  700円
これものスピンオフ前日譚、ある楽曲にまつわる逸話。
時は1997年七夕。上京者の「俺」は都市の風景とロックに魅了され、その友達は遠距離恋愛に右往左往。奇妙なバンド「ネコマイゴ」に出会ったことから彼らの人生は転がり始める。
19歳音楽バカたちのラブとロックの行方はいかに?

≫ Drive to Pluto (β)



『Cipher』

“まるで街自体が大きなお芝居みたいじゃないですか”

2014.04.29 初版 / 文庫200ページ 黒い紙に黒いインクで印刷  800円
これもの3作目の販売書籍。黒い紙に黒いインクで印刷された、解読困難の本。
人を癒やすためにお芝居を提供する街で、お芝居に飲み込まれる鬼才の俳優と、彼を見つめるジャズピアニスト。
物語を読むという行為それ自体への怒りと願いが向けられる。



『She Sells Sea Shells by the Seashore』

“出来れば、窓辺とか、明るいところで読んでほしい。”

2013.05.05 初版 / A6変形 ばらばらになった16ページ  200円
これもの2作目の販売書籍。ギフトとしてのささやかな小説。
光に透き通るトレーシングペーパー製。ページはばらばらで物語の順番はなく、どこからでも読んでいい。
そよ風のように消え入りそうな少女と、待ち続ける男の、繰り返し。どこへも行かない淡い生活。

≫ Drive to Pluto (β)



『星降る昼』

“ジェラートインブラウニー超うまい”

2012.11.16 初版 / 文庫24ページ+見えない付録
これもの1作目の販売書籍。『星降る昼』『手紙』の二編を収録した本編スピンオフ。
空から×××が降ってくる、東京に埋没する非日常。



『シ』

2012.07.07 / 文庫102ページ 浸食された本
リーブルオブジェ(非売品)。ページはえぐられ、所々読めない。
浸蝕された「僕」の思い出と「貴女」の記録。



『沈黙』

2012.06.26 / 文庫100ページ 綴ざされた本
リーブルオブジェ(非売品)。両側を綴じた、読めない本。
読み解くには書籍を破壊しなければならない。
スイマーズ / Swimmers

『VANITAS』 より、『入江にて』

“落下と冬の空、入水と春の海、作家になれなかった作家。”

2014.11.24 初版 / 文庫86ページ 400円
スイマーズ三作目の小説集。ヴァニタスはラテン語で「空虚」「虚しさ」の意。

入江にて : どことも知れない海辺の寒村、流れ着いた水死体を少女は飼い始める。



『スイマー 完全版』 より、『0bscuration』『solarfault』『fragments』

“街がもしも巨大な瓶の底にまるまる沈んでいるとしたら。”

2014.02.02 改訂・完全版 / 文庫148ページ 400円
2012年に頒布されたスイマーズ第一作に、未収録作品と書き下ろしを加えた豪華版。
『0bscuration』は佐藤芙有の写真と山川夜高の散文による共作。

solarfault : 1作目 記述に関する問題。見えたものの正しさについて。
fragments : 3作目 solarfault完結編。空に浮かぶ断章。



『スイマー Vol.2』 より、『水底の街について』

“ウォータークラウンが見えるくらいの目の速さでものを見る。”

2013.11.04 初版 / 文庫214ページ 500円
大幅にメンバー拡大をした二作目の短編集。全10編収録。

水底の街について : 2作目 solarfault後日談。世界の裏面を巡る一夜。



『スイマー』 より、『solarfault』

2012.11.18 初版 / 文庫54ページ 完売
イメージを泳ぐ二人のスイマーの合同短編集。
2014年に『スイマー 完全版』として改訂・再発行。
その他の作品 / Other works

『T時B分 Vol.3』 より、『私の彼らの状景』

“隅の席では二十歳ぐらいの人物が原稿用紙を広げて頭を抱えている。”

2014.11.01 初版 / 文庫352ページ 学内600円 学外800円
多摩美文芸部部誌『T時B分』寄稿作品。全30作収録。

私の彼らの状景 : オールキャスト掌編集。物語りの物語。/ 草稿(部分)



『冠水 e.p.』

“沙原さんは沙漠なんです。恵みの雨が降らないんです”

2014.02.02 COMITIA107 / B6版24ページ 200円
ゆるみ、山川夜高によるリレー小説。ある日届いた奇妙な手紙を巡る雨の日々。
交換されあう光景は互いに溶け出しながら尚、両者の景色を隔て合う。
軋轢と呼べそうなほどの摩擦によって抽出されるものとは。



『水色の火事に呑まれる』

2014.02.02 COMITIA107 / 文庫8ページ 言い値or物々交換
二次会帰りのアルコール&深夜テンション&フォロワーの悪ふざけにより急遽作る羽目になった、再録+予告編短編集。
空室』『水際の眼』『虹色に翳む夜』の三編を収録。



『現存する記念碑』

2013.11.26-30 / 柱に小説 3704字
期間中のみ読むことが出来た仮設小説。場所から切り離すことは出来ず、永久に維持されることもない。
小説の携帯性と永続性を排斥した小説。でもこれは確かに小説だった。
書籍の通販 / Shop

書籍の通信販売を承っております。
イベント等への参加情報は Profile をご参照ください。


書籍通販はこちら
http://librography.tumblr.com/ に書籍作品や印刷物をまとめて掲載しています。

小話 (tumblr)

#twnovel - 2011 12 2012 1-2 2012 3 2012 4-5


星待ち - 2010. 彗星によせて / 短編
シュー - ある少女をめぐる話 / 一話完結
vista - 夏と空をめぐる話 / 連載中

文章メイキング / 「設定」論
inserted by FC2 system