1997.07
時は1997年七夕。上京者の「俺」は都市の風景とロックに魅了され、その友達は遠距離恋愛に右往左往。奇妙なバンド「ネコマイゴ」に出会ったことから彼らの人生は転がり始める。
19歳音楽バカたちのラブとロックの行方はいかに?
初出 : 2015.11.01 多摩美文芸部OB会誌『あげぱん』掲載

1998.08
8月某日。故郷「平らな町」に遊びに行った彼らは、白黒猫のユキちゃんと過去の友達、そして自分たち自身を飼いならす怪物に出会う。
初出 : 2015.11.01 多摩美文芸部OB会誌『あげぱん』特典URL

1998.XX.XX
SIGNALREDS小澤拓人と、呼びだされた秋山、青野。
初出 : 2016.01.30

1997
バンド結成前後、ネコマイゴ組の平日。ハウリングする過去のお話。
初出 : 2016.01.30

1993 & 1998
ネコマイゴの不均衡な話。
初出 : 2016.04.12

2000.03
写真小僧・毛利信護はファイネッジレコーズの事務バイトに就労する。
名付けられる微妙なあだ名。汚ったねえ事務所。おっかねえバンドマンの兄ちゃん。
果たしてゴミの日までに分別は間に合うのか。あと猫は懐いてくれるのか。
初出 : 2016.05.07

2001.05
某音楽誌で連載。
ギフトとしてのささやかな小説。光に透き通るトレーシングペーパー製。
ページはばらばらで物語の順番はなく、どこからでも読んでいい。
そよ風のように消え入りそうな少女と、待ち続ける男の、繰り返し。どこへも行かない淡い生活。
初出 : 2013.05.05


本ページはwebインディーズ小説『これは物語ではない
作中バンドDrive to Plutoの逸話を掲載している暫定まとめページです。

すべての作品およびこのウェブサイトはフィクションです。
実在の人物/地名/団体等との関係はありません。






Drive to Pluto /// DtP

1997-2006 from Finedge Records
SHOEGAZE / PROGRESSIVE / POSTROCK / MATHROCK

DtP are
Hijiri AKIYAMA - Vocal / Guitar / Keyboards
Satoshi AONO - Bass / Words
Tokuhito TANABE - Drums / Percussions

All songs by Drive to Pluto
inserted by FC2 system